【bodum】 

ダブルウォールグラスキャンティーン

bodumとは・・・

1944年、ボダム社は、現在のオーナーであるヨーガン・ボダムの父、ピーター・ボダムによりデンマーク、コペンハーゲンで設立されました。1950年代早くから、インダストリアルデザインの重要性に気づき、独自の商品開発を始めました。この確かな姿勢が現在のボダムの土台となっています。1958年、サイフォン式のコーヒーメーカー「サントス(現:ペボ)」が、大きな成功をもたらし、デンマークだけでなく、ヨーロッパ全体に知れ渡る事になりました。1974年、ピーター・ボダムの息子ヨーガン・ボダムが会社の経営者に就任後、ボダム社の初めてのフレンチプレス・コーヒーメーカーである「ビストロ」が発売されました。「毎日の生活に美しいシンプルなデザインと最高の素材」という新しいデザイン理念の初めての実現でもあります。その後、多くのフレンチプレスが生み出されることになりました。本社をデンマークから、よりヨーロッパの中心に位置するスイスに移し、現在、ボダム製品は、世界55ヶ国で販売され、直営20店舗、および、多くのショップインショップがあり、世界中で優れたデザインと機能性をもつ製品を提供し、長年に渡り、数々のデザイン賞を受賞しています。 1974年以降、ボダム社は今日までに1億個のフレンチプレス・コーヒーメーカーと3千万個のティーポットを製造しました。そして、コーヒー・紅茶製品からキッチン製品へと拡大し現在では多くのテーブルトップ・家庭用品を製造しています。また、多くの美しいキッチン・家庭用品のラインを拡大続けています

ダブルウォールグラスキャンティーン

ダブルウォールグラスキャンティーン

ダブルウォールグラスキャンティーン

ダブルウォールグラスキャンティーン

ダブルウォールグラスキャンティーン

ダブルウォールグラスキャンティーン

キャンティーンS:0.2L/(税抜)\1,657+税
キャンティーンL:0.4L/(税抜)\2,372+税
キャンティーンMハンドル付:0.2L/(税抜)\1,895+税
二層になったガラスの側面(ダブルウォール)は中間層に空気を含み、外気による中の温度変化を防ぐ効果的な断熱材となっています。グラスを持つ手の体温や、空気による飲み物の温度変化を防ぎ、温かい飲み物は温かく、冷たい飲み物は冷たく保つ効果があります。たとえば、温かいものを入れても、熱くてグラスが持てないことがなく、また冷たいものを入れても側面に結露による水滴がつきにくいのです。、氷を入れると薄まってしまう飲み物も、氷を入れずに冷たさを保つ効果が期待できます。このグラスはボロシリケイトガラスという耐熱ガラスで作られています。一般的なガラスと違い、耐熱性が高さ、そして薄さが特徴です。また、傷がつきにくく、長い間、その輝きを失いません。このダブルウォールグラスは、このような機能性だけでなく、なんといっても「飲み物が宙に浮いているように見える」ビジュアルのユニークさがいちばんの特徴です。ボダムのデザインポリシーである「機能性とデザイン性」をまさに兼ね揃えた製品なのです。ダブルウォールグラスシリーズは、吹きガラスという製法で、熟練した職人によってひとつひとつ丹念に製造しています。手作りのため若干のサイズに誤差が生じたり小さな気泡などの混入が見られますが、手作りならではの特別感が伝わります。ストレートでスタイリッシュなデザインは収納にも無駄のないデザインです。ハンドル付はデスクワークなど片手で何か作業している際にも便利です。

商品情報

  • 素材

    耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)

食洗機 オーブン 電子レンジ フリーザー
× maru

関連商品

--