【柳宗理】 

鉄フライパン

柳宗理とは・・・

日本の民芸運動創始者として名高い、柳宗悦(やなぎむねよし)氏の長男である柳宗理。学生時代フランスの著名な建築家である、ル・コルビュジェ氏の提唱する『装飾のないところに真の装飾がある』という概念に、深い衝撃を受けこの概念が、のちの柳宗理氏のデザインに大きな影響を与えている。柳宗理のデザインはシンプルで純粋な形の中に実現された、人の心を打つ暖かさである。それは彼が主張する「用の美」そのものである。「美は人々のためにある」と提唱し続けた日本のデザイン界の一人者であり、手がけたデザインは食器・家具・自動車から、果てはオリンピックの聖火台など、ありとあらゆるジャンルに及んでいる。まさに、「日本を代表する」世界的工業デザイナーと言える。シンプルであるがゆえの機能美の高さ、その実用性に優れた製品は、今も多くの人々に愛用され続けている。

鉄フライパン

鉄フライパン

鉄フライパン

鉄フライパン

鉄フライパン

鉄フライパン

鉄フライパン18cm蓋付き/幅338×奥行き218×高さ70mm/\3,000+税
鉄フライパン22cm蓋付き/幅400×奥行き260×高さ100mm/\3,900+税
鉄フライパン25cm蓋付き/幅450×奥行き290×高さ115mm/\4,200+税
テフロン加工の鍋は使っているうちに表面のコートがはげて使えなくなってしまうことがほとんど。シンプルで丈夫な鉄フライパンは、使い勝手と耐久力に優れています。便利さばかりを追いかけるのではなく、使い手のちょっとした努力で使いやすく長持ちする、愛着の湧くフライパンです。材質は熱伝導、耐久性にすぐれたブルーテンパ材を使用しており、このフライパンは、表面を錆びにくいようにアクリルラッカーを塗って出荷しているので、使用前に必ず焼きこみ作業をしてアクリルラッカーを焼き切らなければなりませんが、このひと手間が丈夫な鉄フライパンの証拠でもあります。専用のふたは回転させると鍋との間にすき間ができるようになっており、湯切りや油切りが簡単にできます。蒸気抜きや吹きこぼれの調節がふたの回転でできるので、いためものだけでなく蒸し焼き料理もお手のもの。また、ハンドルは炎との距離を計算した長さで、しっかりと握りやすい。また、これで調理するたびに鉄分が取れるのもうれしいですね。

商品情報

  • 素材

    本体:ブルーテンパ材(鉄)、蓋/ステンレス、ハンドル/フェノール樹脂

  • 原産国

    日本

オーブン 電子レンジ 直火
× ×

関連商品

--