【柳宗理】 

ステンレス鍋

柳宗理とは・・・

日本の民芸運動創始者として名高い、柳宗悦(やなぎむねよし)氏の長男である柳宗理。学生時代フランスの著名な建築家である、ル・コルビュジェ氏の提唱する『装飾のないところに真の装飾がある』という概念に、深い衝撃を受けこの概念が、のちの柳宗理氏のデザインに大きな影響を与えている。柳宗理のデザインはシンプルで純粋な形の中に実現された、人の心を打つ暖かさである。それは彼が主張する「用の美」そのものである。「美は人々のためにある」と提唱し続けた日本のデザイン界の一人者であり、手がけたデザインは食器・家具・自動車から、果てはオリンピックの聖火台など、ありとあらゆるジャンルに及んでいる。まさに、「日本を代表する」世界的工業デザイナーと言える。シンプルであるがゆえの機能美の高さ、その実用性に優れた製品は、今も多くの人々に愛用され続けている。

ステンレス鍋

ステンレス鍋

ステンレス鍋

ステンレス鍋

ステンレス鍋

ステンレス鍋

ステンレス鍋

ステンレスミルクパン16cm(つや消し)/W290×D180×H107 満水1.2L/\6,000+税
ステンレス片手鍋18cm(つや消し)/W351×D218×H117 満水2.0L/\6,500+税
ステンレス片手鍋22cm(つや消し)/W423×D260×H123 満水2.5L/\8,000+税
ステンレス両手鍋浅型22cm(つや消し)/W347×D237×H147 満水3.8L/\7,000+税
両口がついた鍋はザルを使わずに蓋の回転で湯切りが出来ます。 フタを押さえてそのまま回し、本体との隙間を調節します。 食材が大きくて素早く煮汁を捨てたい時は隙間を大きく、食材が小さくこぼれ易い時は隙間を小さくします デザイン性に富み熱効率を考えたフォルム、蒸気抜き・ふきこぼれ等は蓋を回転させ本体との隙間で調節できます。 両側に注ぎ口がついているので左利き右利きの方でも、 調理したものを他の器に移し替える時やお湯を注ぐときに切れが良く、左右どちらでも使用可能です。 一連の調理動作で、お湯を注ぐ時の注ぎやすさと切れの良いかたちを考えた、特徴のあるフォルムです。 ハンドルは炎との距離を考え、手にフィットする形状でさらに便利なフックが付いてます。 素材には耐久性に富んだ18‐8ステンレスを使用してます。 専用ザルとの組合せもぴったりで併用・収納可能です。 また底に丸みがあるので材料がすくいやすく、お手入れもしやすく使い勝手を考えたデザインです。

商品情報

  • 素材

    18-8ステンレス

  • 原産国

    日本

IH調理器 直火 電子レンジ オーブン
× × ×

関連商品

--