【bodum】 

CHAMBORD

bodumとは・・・

1944年、現オーナー、ヨーガン・ボダムの父、ピーター・ボダムはデンマークのコペンハーゲンにボダム社を設立。1950年代、いち早くインダストリアルデザインの重要性に気付き、独自の商品開発を開始。デザインへの確かな姿勢は現在のボダムの土台となっている。1958年にはサイフォン式のコーヒーメーカー「サントス(現:ペボ)」が大きな成功となり、デンマークだけでなく、ヨーロッパ全体に知れ渡る有名メーカーへと成長。1974年ピーター・ボダムの息子、ヨーガン・ボダムが経営者に就任後、ボダム社初のフレンチプレス・コーヒーメーカー「ビストロ」を発売。「毎日の生活に美しいシンプルなデザインと最高の素材を」という新しいデザイン理念を初めて実現し、その後多くのフレンチプレスが生み出されることとなる。本社をデンマークから、よりヨーロッパの中心のスイスへと移したのち、現在ボダム製品は世界55ヶ国で販売され、直営20店舗を構えるまでになっている。多数のショップインショップもあり、世界中で優れたデザインと機能性をもつ製品を提供、長年に渡り数々のデザイン賞を受賞し続けている。 1974年以降ボダム社は今日までに1億個のフレンチプレス・コーヒーメーカーと3千万個のティーポットを製造。そしてコーヒー・紅茶製品からキッチン製品へとその裾野を拡大し、現在では多くのテーブルトップ・家庭用品、美しいキッチン・家庭用品のラインを拡大し続けている。

CHAMBORD

CHAMBORD

CHAMBORD

CHAMBORD

CHAMBORD

CHAMBORD

0.35L/¥4,000+税
0.5L/¥5,000+税
耐熱ガラスと金属フレームのコンビネーションは、まさにフレンチプレスの原型ともいえるデザインです。シャンボールは1950年代にフランス・パリで広まった、当時のフレンチプレスコーヒーメーカーそのままをイメージして作られました。蓋とフレームは長年使ってもその輝きを失わないよう、綿密に洗練された製造プロセスを経て、ひとつひとつ大切に製造されています。環境に配慮し、効率的で機能的なデザイン、クオリティーを追求しているからこそ、世界中の多くの人々に愛され続けているのです。また、黒いハンドルは握りやすさだけはなく、クラシックで上品な印象を与えています。 使い方は、粗挽きに挽いたコーヒー豆を入れて、お湯を注ぎ、4分間抽出させたら、蓋のつまみを持ってプランジャーを下に押し下げるだけ。出来上がったコーヒーをカップへと注げば完成です。フレンチプレス方式で豆の旨味や香りが凝縮されているというコーヒーオイルをたっぷりと抽出し、こくと香りの高い、極上のコーヒーをお楽しみいただくことができます。万が一、ガラスビーカーが割れてしまっても、ガラスビーカー単品での交換が可能です(※別売りとなります)。

商品情報

  • 原産国

    ポルトガル

  • 素材

    耐熱ガラス、ポリプロピレン、ポリアセタール

食洗機 オーブン 電子レンジ IH調理 直火
× × × ×

関連商品

--